アロマテラピー

アロマテラピーのスクールの選び方

アロマテラピーはひじょうに幅の広いジャンルに利用されている技術です。アロマテラピーは大きく分けてフランス流とイギリス流に分けられます。

 

フランス流は主に医療の一方法として行われる傾向が強く、実際にアロマテラピーを用いた治療は保健医療の中に含まれています。またフランス流ではアロマの精油を医師の指導の元で服用するような方法も取られますが、これは日本のアロマテラピーサロンなどでは、決して目にすることができないものです。

 

一方のイギリス流は、リラクゼーションや精神の癒し、スキンケアなどに用いられるケースが多く、日本はこのイギリス流のアロマテラピーの手法を取り入れている場合がほとんどです。しかし一部ではフランス流の技術も研究されているため、これからアロマテラピーを学ぼうと考えている人などは、この2つの流れの違いを把握しておく必要があります。

 

日本でアロマテラピーを学ぼうとする場合には、専門のスクールに通う他、通信教育や独学などの方法があります。これらの多くはやはりフランス流のコースですが、最近ではさらに進んだアロマテラピーの手法などを研究するために、イギリス流のコースを設けたり、イギリス流とフランス流がミックスされたようなコースも見受けられます。

 

フランス流は医療方面での利用が見込まれることから、アロマテラピーのみならず、看護士やあん摩・マッサージ・指圧師などの技術を併せて取得する人も増えています。これから日本のアロマテラピーは独自の進歩を遂げてゆくでしょう。