アロマテラピー

アロマセラピストとはどのような資格なのでしょうか?

アロマテラピー関連の資格が多数存在している状況のなか、専門的な知識を求める資格に注目が集まっています。趣味で楽しむだけでなく、仕事として知識を役立てていきたいという人が増えているのです。そんな要望に応える資格のひとつがアロマセラピストです。

 

この資格はアロマテラピーを広く一般の人たちに提供・紹介するために必要な知識・技術が求められる資格です。取得することによって本職のアロマセラピストとしての活動の場が開けることになります。

 

アロマセラピストになるためには資格試験に合格する必要があります。受験のためにはまずアロマテラピーアドバイザーの資格を取得しておく必要があります。そのうえで認定スクールで標準カリキュラムを修了しているかしていないかによって試験内容が異なってきます。修了している場合には2次試験が免除されるのです。一次試験はマークシート式の選択解答式なのに対し、二次試験は論述問題と関連用語の複数解答が求められる記述問題となっているだけにこの免除は大きなメリットとなるでしょう。認定スクールは全国各地にあるので公式サイトでチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

なお、一次・二次の学科試験が終了した後、2年2カ月以内にボディトリートメント実技試験とカルテ審査を受験することが義務付けられています。

 

試験は5月と11月の年2回。受験料は5000円。さらに資格取得時には資格登録認定料として1万円がかかります。身につけたアロマテラピーの知識を仕事に役立てたいと思っている人にとってはこのアロマセラピストの資格は大きく役立ってくれるはずです。

 

※アロマセラピストに関する最新の詳細は、日本アロマ環境協会のホームページで確認して下さい。