アロマテラピー

メディカルアロマテラピーとは?

アロマテラピーの持つ効能が広く知られるようになっています。リラックスやストレス解消はもちろん、健康状態の改善にも役立てる動きが高まっているのです。そんなアロマテラピーの健康面への効果に着目したのがメディカルアロマテラピーです。

 

現代社会では予防医学が重要といわれています。生活習慣病に代表される数々の病気は日常生活が原因となります。高齢化の進行に伴う医療費の増大に対処するためにも予防医学による健康状態の維持が求められているのです。そんな日々の病気の予防にアロマテラピーを役立てようというのがメディカルアロマテラピーなのです。すでにストレスや疲労の蓄積が健康状態の悪化に結びつくことが広く知られています。アロマテラピーが持つリラクゼーション効果は精神面だけでなく身体面にも大きな影響を及ぼすのです。

 

また、メディカルアロマテラピーはこうしたストレス・疲労の解消といった効果からさらに一歩踏み込み、精油成分を直接体内に取り込むことによる効果も目指しています。たとえばマッサージによる精油成分の体内への取り込み、国内では原則として認められていませんが精油を飲用に活用することや香り成分を鼻腔から直接吸収するといった方法によってより有効かつ直接的な効果を目指しているのです。

 

このメディカルアロマテラピーは国内では日本メディカルセラピー協会によってさまざまな資格が用意されています。スペシャリストやカウンセラー、アドバイザー、メディカルアロマテラピスト、セルフケアセラピストなど。これらの資格は協会が認定するスクールで講座を修了し、認定試験を合格することによって取得することができます。従来のアロマテラピーからさらに一歩踏み込んだ知識と技術の数々。日常生活の中で試してみてはいかがでしょうか。