ナード・アロマテラピー協会

ナード・アロマテラピー協会とは?

ナード・アロマテラピー協会とは、世界のアロマテラピー研究機関と連携し、ホームケアを目的とする一般の方から、方や専門分野に携わる人にいたるまで、アロマテラピーに関するさまざまな情報を、提供していくことを目的として1998年に設立されました。ナード・アロマテラピー協会の一番の目的は、日本内外においてアロマテラピーが健全に評価されるとともに、広く普及していくことを目標としています。

 

ナード・アロマテラピー協会の本部は、山梨県甲斐市に置かれており、ヨーロッパにおける最も重要なアロマテラピーの研究機関の1つであるNARD(Natural Aromatherapy Research and Development)の、日本における窓口となっている他、ナード・アロマテラピー協会独自でも、2004年よりアロマテラピーに関する研究所や研修センターなどを設置し、さまざまなハーブの試験農場や蒸留抽出などの実験、またガスクロマトグラフィーなどによる精油の成分分析などを行い、これらの研究成果を携えて、多くの研究所や大学などと連携して、研究発表を行っています。

 

アロマテラピーはうまく利用すると、人体に対してひじょうにゆうえきになりますが、誤った知識や、未熟な技術の下では、このような成果は得られません。ナード・アロマテラピー協会はこうした未熟な知識を、より本格的な知識や技術へと結びつける仲立ちをしているのです。

 

ナード・アロマテラピー協会では認定校を設定し、テキストの作成や各種検査、登録、認定証の発行などを行っています。ナード・アロマテラピー協会による認定書発行の主なものとしては、アロマ・アドバイザーやアロマ・インストラクターなどがあります。