アロマテラピー

アロマテラピーの精油とは?

アロマテラピーで使用される精油はエッセンシャルオイルと呼ばれることもあります。現在生産されている精油は約300もの種類がありますが、いずれも大量の植物から蒸留を繰り返してきわめて純度の高いものとなっているため、小さな小瓶で販売されているものでもかなり高額な商品が多くなっています。

 

アロマテラピーで使用される精油は、各々効能や使用にあたっての注意事項などが異なります。また精油は同じ品種の植物からとられたものであっても、採取された産地や季節、土壌の性質などによってさらに細かな種類に分けられており、これを化学種と呼んで区別しています。これは、例えば昆虫などが多い地方で育った植物の場合には、昆虫を寄せ付けなくする作用のある成分が多く含まれているなどといったものです。

 

精油に共通する特徴としては、ひじょうに濃度が高く香りが強い、揮発性であるため空中に拡散する、油脂ではない、おおむね水に溶けることは無くまた水よりも軽い、有機化合物であるなどがあります。精油はひじょうに濃度が高いため、使用する際には目的に応じて希釈して用います。マッサージなどで全身に使用する際には約3%以下で使われることが多いようです。

 

精油は原液が直接肌に触れたり、目に入ったりするとひじょうに刺激があり危険です。また精油によってはアレルギー反応を起こす場合もありますので、必ず事前にバッチテストを行わなければなりません。また太陽光線などの影響で劣化するのを防ぐように色の濃いガラス瓶などで販売されていますが、多くの場合は1年ほどが使用期限となっていますので、注意が必要です。