アイクリームの効果を高める目元ケアの様々な方法

目元のタルミの原因とケア方法

肌のタルミは年齢を重ねる上で避けられないものです。しかしだからといって諦めてしまうとどんどん衰えが加速してしまいますし、老化の進行には個人差があり、人によって驚くほど若々しい肌を維持している人もいます。

 

つまり単に加齢による老化だけで済まさず、原因をより細かく把握したうえで適切なケア方法を行っていくことが大事なのです(参照:目の下のたるみに使ってみたい化粧品)。

目元のたるみの原因には違いがあるので、それぞれに適したケアが必要

目元ケア

たるみにはいくつかの原因があります。もっとも重要なのは肌のハリの低下。

 

とくに角質層の奥、真皮層を支える役割を担っているコラーゲンやエラスチンといった成分が減少してしまうのが大きな要因となっています

 

これらの成分が減少する原因は大きく2つあります。まず加齢、コラーゲンの場合、20歳前後がピークとなり、その後どんどん減少していきます。

 

その減少が急速に進んでいくのが30代後半以降といわれています。

 

ちょうど肌トラブルが目立ち始める時期と一致しています。

紫外線のダメージや筋肉の衰えなども目元の老化を招く

もうひとつの理由は紫外線。紫外線によるダメージによってコラーゲンとエラスチンが破壊されてしまうのです

 

もうひとつの原因は筋肉の衰え。顔にはさまざまな表情を浮かべるために表情筋と呼ばれる筋肉が縦横に張り巡らされています。

 

目元では笑顔を浮かべたときにできる目尻のシワが代表的です。この表情筋は表情を形作るために機能するだけでなく、肌を支える役割も担っています。

 

二の腕やふくらはぎでも筋肉の量が少ないとたるんでしまうように、表情筋が衰えてしまうと肌を支えきれず重力に屈してたるんでしまうのです

 

こうした原因を踏まえつつケア方法を行っていくことになります。ハリの低下に関しては紫外線対策をしっかり行うことを大前提のうえで減少したコラーゲンの補充を行います。

 

コラーゲンを直接補うだけでなく、体内での生成を促すビタミンCも有効です

 

それから筋肉の衰えに関しては表情筋トレーニングやエクササイズで鍛える方法が役立ちます。

 

それ以外にも喫煙の習慣がある人は禁煙をする、ダイエット目的で食事制限をしている人は食生活を改めるといった生活習慣の改善も欠かせません。
アイクリーム口コミ人気ランキング>>

手軽にできる目尻の小じわケアの方法

目尻の小じわがあるだけで5歳は老けて見られてしまうといわれています。この部分は皮膚が薄いためどうしてもシワができやすいうえ目立つのでケアがとても大切なのです。

 

スキンケアはいかに日常生活の中で積み重ねていくことができるかが鍵です。すぐに効果を得られるような方法はなく、スキンケアだけでなく生活習慣全般の中で行っていく必要があります。

 

目尻の小じわケアは肌の老化や乾燥が関わってくるだけにとくにこの点が重要です。

目尻の小じわケアでは内側の乾燥や老化を防ぐほかに、セラミドを補充することが大切

目元ケア

手軽にできる目尻の小じわケアのポイントは皮膚の表面と内面両方の対策を同時に行っていくことです

 

この部分は表面に浅く細かいシワができるちりめんジワと深く刻まれる小じわの両方が出来やすい部分です。

 

そのため両方のケアをしっかりと行っておかないとシワを改善していくことが難しくなります。

 

まず肌の内面の老化・乾燥を防ぐ方法。内部の乾燥はコラーゲンの減少が大きな原因とされています。

 

そのためコラーゲンを直接スキンケア製品で補うほか、ビタミンCなどコラーゲンの生成を促す成分の活用も大事です

 

食事やサプリメントでの補充も意識してみましょう。それから血行の改善。目尻は皮膚が薄いため、とくに血行不良の影響を受けやすくなります。

 

クマやくすみとも関わってくるだけにマッサージなどで日ごろからケアしていくことが欠かせません。

保湿成分、特にセラミドの補充が最も大事

一方肌の表面のケアでは保湿成分の補充がやはり最優先になります。とくにセラミドの補充は不可欠です。

 

細胞間脂質のセラミドは皮膚細胞同士の間で水分を保持するだけでなくバリア機能を維持する役割もになっているからです

 

また、肌の老化が気になる人は抗酸化成分を補うほか、減少した皮脂の分泌量を補うための脂分の調節も必要になります。

 

ワセリンやホホバオイル、馬油などをうまく活用して皮膚から水分が失われないよう気をつけましょう。

 

こうしたケアは手軽に行うことができます。ぜひ日常生活の習慣として取り入れるようにしましょう。

 

目元をケアするマッサージの方法

手軽にできる目元ケアがマッサージです。目元のトラブルはくすみやくまなど血行不良が関わっているケースが多いため、マッサージがとくに効果を発揮するのです。

 

血行が滞ると血液が黒ずんでくるため、皮膚が薄い目元ではそれが透けて見えてしまうのです。

全ての指を使って叩くようにマッサージするケアがおすすめ

目元ケア

また血流が滞ると老廃物の排出も滞ってしまうため、むくみなどの問題もおこります。

 

目元が冴えない、いつも眠そうな顔をしているように見える、という人もマッサージによる血行改善がお勧めです。

 

ただし、目元は皮膚が薄くデリケートです。そのため強い刺激を与えるなど誤ったマッサージを行ってしまうと毛細血管を傷つけてしまうなどかえって悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

 

毎日コツコツと積み重ねていくことが大事なこともあり、あくまで正しい方法で行っていくのがポイントです。

 

お勧めの方法はすべての指を使って叩くようにマッサージする方法です。

 

よくピアノを弾くようなマッサージ方法と呼ばれますが、その通り目の下を人差し指から小指まで4本の指を使って刺激していく方法です。

 

指の腹で優しく刺激するのがポイント、人差し指から小指までの片道を20回くらい行いましょう。心地よく感じるくらいの刺激が理想的です。

老廃物を除去するリンパマッサージも目元ケアのひとつ

目元ケア

それからリンパマッサージ。目元のマッサージといえばこの方法を連想する人も多いでしょう。

 

まず人差し指と中指の2本を目の下のくぼみの部分に当てます。

 

そのうえで目頭から目尻まで優しく押しながら動かしていきます。続いて親指を目の上に当てて同じような形で目頭から目尻までマッサージしていきます。

 

最後に人差し指を目頭から鼻の付け根にかけて押して刺激して終了です。

 

簡単にできるうえ血行不良によって蓄積した老廃物を除去する効果があるのでお勧めです。

 

このように、簡単にできるマッサージ方法で目元のケアを行っていくことができます。自宅で、あるいは仕事中のちょっとした合間に試してみてはいかがでしょうか。

 

くまやくすみを改善してすっきりとした目元を目指していくことができるはずです。

 

小ジワ予防の上手な紫外線対策

目元ケアは乾燥が原因となって起こることが多いため、保湿対策がもっとも重要といわれています。しかし保湿対策と同じくらい、あるいはもっと大事な対策として行っていく必要があるのが紫外線対策です。

 

じつは紫外線は目元周辺の肌トラブルの大きな要因となっているのです。

紫外線こそ肌を乾燥せさ小ジワをつくる大きな原因になる

目元ケア

乾燥を改善するために保湿を行うわけですが、肌が乾燥しやすい状態のままでは効果は一時的なものに留まってしまいます

 

また乾燥は肌の老化によって進行すると言われ、抗酸化成分による対策も大事と言われていますが、これも老化を進行させてしまう要因を排除しないことにはせっかくの抗酸化成分も十分な効果を発揮しません。

 

じつは紫外線こそ肌を乾燥させ、老化を進める大きな要因なのです。よく知られているのが老化との関係。紫外線のダメージによって活性酸素の働きが活発になり、皮膚細胞の酸化が進んでしまうのです。

 

一方乾燥との関連ではコラーゲンとエラスチンを破壊してしまう点が大きな問題です

 

どちらも真皮層において水分保持と弾力の維持を担っている成分のため、破壊されると乾燥とハリの低下が急速に進んでしまうのです。

 

とくに厄介なのは皮膚の表面ではなく肌の内面が乾燥してしまうため対策がより難しくなることです。

 

皮膚に深く刻まれる小じわはこの真皮層の乾燥がおもな原因と言われていますが、この乾燥の原因のじつに9割が老化と紫外線の影響とされています

 

紫外線は老化とも関わってくるわけですから、いかに紫外線のダメージが大きなものかが窺えます。

UVカット効果のあるスキンケア製品でしっかりケアすることが大切

アイクリームの選び方

さらにもうひとつ、目元の悩みで忘れてはならないのが目のクマ。

 

とくに茶色いクマは紫外線のダメージで生成量が増えたメラニン色素の沈着によって起こります

 

このように、紫外線対策がしっかりできていなければどんな目元ケアも不十分なレベルで留まってしまいます。

 

日焼け止めをはじめとしたUVカット効果を持つスキンケア製品でしっかりケアを行うこと、日差しが強い日には帽子やサングラスなどを活用するといった対策を習慣づけましょう。

 

正しい洗顔とクレンジングの方法

目元ケアでは正しい洗顔とクレンジングが欠かせません。ただでさえ皮膚が薄く刺激に弱い部分なうえにアイラインやマスカラなどを使用するため、それらをしっかりと落としていく必要があるからです。

 

しっかり落とそうとする肌にダメージが生じてしまい、中途半端に済ませてしまうとメイクの成分が肌に負担をかけてします。間違った洗顔が肌トラブルと老け顔の原因となってしまうのです。

正しいクレンジング方法は低刺激の製品で時間をかけながら落とすこと

アイクリームの選び方

まずメイク落としのクレンジングの方法について。鉄則はクレンジングをたっぷりと使用すること。

 

節約とばかりに少ない量で使用するとその分メイクを落とすまでに摩擦の回数が増えてしまいます。それから時間をかけてクレンジングすること。

 

早く済ませた方がよいよいに思えますが、急いで行うとやはり強く擦ってしまうなど余計な刺激を与えやすいのです。

 

丁寧に、ゆっくりとメイクになじませながら浮かび上がらせるようにして落としていくのがポイントです

 

指の腹で軽くなじませていきましょう。もちろん、できるだけ低刺激のクレンジング剤を使用することが大前提です。

正しい洗顔方法は泡で洗いぬるま湯ですすぐのがポイント

アイクリームの選び方

それから洗顔方法。これもできるだけ肌への摩擦を減らすことを前提に作業を行っていきます。

 

毛穴の奥の汚れをいかに効果的に落としていくかが鍵とになります。まず洗顔の前に毛穴を開いておきましょう。

 

蒸しタオルを目に当てると毛穴を開かせるだけでなく、血行不良の改善効果も得られるのでお勧めです

 

そのうえで洗顔料をよく泡立てたうえで洗っていきます。目元はとくに皮膚が薄いため、指をほとんど触れないくらいで泡で落としていくのがコツです。

 

あまり強くゴシゴシと擦ってしまうと摩擦による刺激だけでなく、毛細血管にダメージを与えて血行不良の原因となってしまいます。

 

そして最後にすすぎ。この部分が不十分だったり、神経質に何度も擦ってしまうことでせっかくの正しい洗顔方法が台無しになってしまうこともあります。

 

クレンジング剤・洗顔料で浮き上がらせたメイクをしっかり洗い流しましょう。その際にはあまり熱すぎない、ぬるま湯ですすぐのがポイントです。

 

どれも簡単にできる基本的なものばかりですが、だからこそ日々のケアの中で踏まえておきたいところです。

 

目の疲れと老化の関係

目元ケアではスキンケア製品による対策はもちろんのこと、目の疲れを改善する対策も欠かせません。

 

とくに現代社会はパソコンによるデスクワークや携帯電話、スマートフォンの利用などで目を酷使しやすい環境にあります。

 

加齢による老化や紫外線のダメージだけでなく、疲労が目元のトラブルの原因となってしまっていることも多いのです。

目の疲れが蓄積するとクマができ老けて見えたりシワの原因にも

目元ケア

目の疲れといえばまずクマを連想する人も多いでしょう。目の疲れが蓄積すると目元周辺の血行が滞ってしまい、黒さを増した血液が薄い皮膚を通して表面に浮かび出てしまいます。

 

このタイプのクマはとくに老けてみられやすいので注意が必要です。

 

また血行不良はターンオーバーの乱れの原因にもなります。古くなった角質がうまく剥がれ落ちずに蓄積すると透明感が失われてくすみの原因となりますし、メラニン色素の沈着によるシワの原因になることもあります。

 

紫外線のケアをしっかり行っていても血行不良を抱えている状態では目元のトラブル改善が思うようにいかないのです

血行改善やマッサージなどで目元ケアすることが大切

アイクリームの選び方

こうした目の疲れの改善はスキンケア製品では十分に行うことができないため、日々の生活の中でうまく行っていく必要があります。

 

手軽にできるものではは温めたタオルと冷やしたタオルを交互に当てる方法があります。

 

温めたタオルを当てた後に冷やしたタオルを当てるのを繰り返すことで血行の拡張と収縮を促し、血行改善を促すことができます

 

1日の仕事を終えて帰宅した後に行うとよいでしょう。

 

また目元ケア対策に温めるのと冷やすのを両方行うことができるアイマスクも販売されているので探してみるとよいかもしれません。

 

それからマッサージ。指の腹で目の下やまぶたを優しくマッサージすることで目の疲れとコリをほぐします。

 

眉間やこめかみにある目の疲労改善に役立つツボを行うのもよいでしょう

 

そして日ごろからなるべく目が疲れない環境を心がけること。

 

デスクワークの時には適度なタイミングを見計らって休息をとること、プライベートの時間にスマホを長時間使用するのを避けることといった対策を心がけるだけでも目への負担がかなり減りますから、目元ケアの一環として覚えておきたいところです。
アイクリーム口コミ人気ランキング>>